ショップ紹介

母へのジュエリープレゼントはリングを選ぶべき理由をプロが解説!年代別・お店・接客シュミレーションまで完全網羅!

ショップ紹介

この記事では母の日のジュエリープレゼントにはリングがいい理由と年代別、お店、接客シュミレーションを書きます。

宝石のプロであり、これまで私自身も母へのプレゼントをしてきた経験を生かして解説します。

母の日のジュエリープレゼントはリングがいい理由

母の日のジュエリープレゼントはリングがいい理由を解説します。母親は家事、仕事、友人との付き合いに毎日大忙しです。頭の中は段取りで一杯。

ジュエリープレゼント選びの極意はできるだけ装着時にストレスがかからず、さっと着けられる指輪をおススメします。

リングを着けることで手に華やかさが添えられる

年齢を重ねてくると手にしわやシミが増えます。若い頃とは違うことを毎日実感します。でも、リングを着けることで手に華やかさが戻ります。さらにいうと様々なことを経験してきたからこそリングが似合います。

まるで勲章のように。手は一日に何度も見ます。そのたびにきらっと光る指輪をみることで気分があがります。プレゼントでもらった嬉しい気持ちを感じ続けられます。

手先がおぼつかなくなっても装着できる

年齢を重ねると手先がおぼつかなくなることがあります。お客様と話していると「ネックレスの小さな留め具がなかなかはまらくて時間かかるのよ。」と小さなストレスになっていると感じることがあります。

その点、指輪ははめるだけです。老眼になってもリングがはめにくくなることはありません。

またピアスやイヤリングという選択肢がありますが、母年代はピアスの穴をあけていない人が多いです。イヤリングもネックレスの金具同様はめにくいと声があがることがあります。

マスクやコートを着たり脱いだりするときに引っかかって外れたり、電話の邪魔になる可能性が高いです。

母にプレゼントするときのリングの種類

母の日にプレゼントするおススメは下記の4つのリングの種類です。

細くてダイヤが入っているエレガントなタイプ

ダイヤがキラキラと光り、他のジュエリーと合わせやすいのが特徴です。細いものを選ぶと手持ちの他のジュエリーと合わせやすいリングです。

重ねてつけることで立体感が出て手持ちのジュエリーが一段と華やかに見えます。洋服で言うとスカーフのような役割があります。

地金だけでできているイタリアンタイプ

地金だけでできているイタリアンタイプのリングはつけるだけでインパクトがでます。ダイヤなど他の飾りがなくても存在感があり、かっこよさが引きたちます。

このタイプのリングを若い世代がつけるとかっこよすぎて近寄り難いイメージになりますが、母年代は迫力とこれまでたくさんの経験をしてきた胆力の強さが表現できます。

ルビーがついているゴージャスなタイプ

ルビーがついている指輪は一瞬で手元を明るくしてくれます。ルビーの赤い色は若い人よりもいろんな経験を積んだ女性に似合います。

ルビーの中でも赤みの濃いピジョンブラッドという色がおススメです。こっくりとした深い赤はとても貴重で見ているだけで吸い込まれそうになります。

透かしの入ったレース編みのような可憐なタイプ

透かしの入ったレース編みのような可憐なタイプのリングは洋服の印象をがらりとエレガントに変えるインパクトがあります。母年代は洋服がよりシンプルになっていく傾向にあります。

シンプルすぎるとわくわく感が減ってしまうので、あえてこれまで着けたことがないようなリングに挑戦して新しい自分に出会うのも楽しみの一つです。

母の日のジュエリープレゼントにベストなお店

どんな年代の母の日のプレゼントリングも見つかるとっておきのお店を紹介します。

H.P.FRANCE
https://www.hpfrance.com/shop

世界中からセンスのいいデザイナーを発掘して商品展開をしています。バイヤーは世界の展示会を周り常に最新で旬なものを見つけるプロフェッショナル。他では見られない品物が一同に揃います。

都内に17店舗あります。各店舗それぞれに外観やディスプレイが違っていてどの店に行っても新鮮です。中でも特にセンスのいいミッドタウン日比谷店を紹介します。

東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷店1F
公共機関でのアクセスは地下鉄が便利です。

  • 都営大江戸線 「六本木」8番出口より直通
  • 東京メトロ日比谷線 「六本木」より地下通路にて直結 ※ 地下通路途中に階段があります。
  • 東京メトロ千代田線 「乃木坂」3番出口より徒歩約3分
  • 東京メトロ南北線 「六本木一丁目」1番出口より徒歩約10分

お店の外観はこのような感じです。

取り扱いブランドは20種類以上。店員は若くおしゃれです。ジュエリーやアクセサリーが大好きな人ばかりで各デザイナーの説明も詳しいです。ジュエリーやアクセサリー選びが楽しくなります。

年代別のおススメリングはこう選ぶ

母の日のジュエリープレゼントリングは年代で選びます。根本的な好みは年齢を重ねても大きくは変わらないので、手の老化や友人との付き合いの幅によって選ぶといいです。

50代

50代の母は子育てが一段落して生活が大きく変わります。友人と出かける、旅行に行く、新しいお稽古をする、仕事を再開する。様々な場面で個人としてのアイデンティティを取り戻します。

50代には1つ着けるだけでインパクトのある地金だけのイタリアンタイプをおススメします。

実際にプレゼントされた人は「これをつけるとパワーがみなぎります!家族の応援をいつも感じるし、自分らしさを取り戻せます。」とコメントしています。

60代

60代の母にはルビーのついているリングがいいです。還暦のお祝いにルビーを送る風習があります。これからも益々輝くようにと願いを込めます。ルビーを着けると自分だけでなく周りも元気になります。

子供も手が離れ、いよいよ本格的に人生の後半戦を楽しむ時期です。老け込まないようにいろんな場所にでかけて欲しい願いも込めて。

実際にプレゼントされた人は「ルビーの赤をみるだけで元気になって、もうこのリングしかつけなくなりました。」とコメントしています。

70代

70代の母には細いダイヤの入ったリングがいいです。様々なファッションや活動を楽しんで一周して定番の良さを再発見する年代です。

定番を持つと他の手持ちのジュエリーとの組み合わせが広がります。

実際にプレゼントされた人は「ダイヤってやはりキレイですね!これまでの自分をほめてもらっているようで指にあることが誇らしいです。」とコメントしています。

80代

80代はレース編みのような可憐なリングがいいです。指が痩せてくる年代なので、締め付けの少なく可愛らしさを演出できるものがおススメです。

洋服も地味になっていく傾向があるので、リングで華やかさを添えます。

実際にプレゼントされた人は「最初に見たときは可愛すぎる感じがしましたが、つけてみるとしっくりきました。若いころのときめきも思い出せました。」とコメントがあります。

母へのリングの選び方をプロがシュミレーション解説!

ジュエリーは自分のためのものとあると同時に、TPOにマッチしたとき輝きを増します。母がどんな場所に出かけてもどんな人にあっても褒められるようなリング選びが大切です。

写真を持っていきイメージを伝える

母へのジュエリープレゼントを選ぶときは、店員にイメージが伝わりやすいように写真を持っていきます。

ファッションの好みや好きな色、よく行く場所、お友達のタイプ、お稽古事などをまとめておきます。

指のサイズがわかれば調べておく

リングの場合、着ける指の大きさを測れたらベストですが、わからない場合はいつも使っている指輪を持ち込んでサイズを測ってもらう方法もあります。

お店には指のサイズを測るもの、リングのサイズを測るもの両方あります。万が一、母の指にピッタリ合わなくても後で修正できるので問題ありません。

店内の店員を全員巻き込む

店員はセンスがそれぞれで好みの合う人に当たればいいのですが、そうでない場合もあります。

ジュエリーやアクセサリーのお店はどの時間帯に行っても混雑していません。店員を全員巻き込むつもりで母の情報を共有して、アイデアを出し合ってもらうといいです。

接客シュミレーションを紹介!母の情報をしっかり伝える

接客ではこのような会話ができると母にぴったりのプレゼント選びができます。

客

こんにちは。60代の母へのプレゼントでリングを探しています。タイプの違うものを3つ見せてください。母の写真はこんな感じです。

写真を見ると店員のセンスで商品を見せてくれます。写真を見せながら母の情報をできるだけたくさん話します。

一度に多くを見ると混乱してしまうので、細くてエレガントなもの、地金だけでできているイタリアンタイプ、ルビーや石がついているゴージャスなタイプ、透かしのはいったレース編みのタイプなどから3種類を見せてもらうといいです。

販売員
販売員

かしこまりました。こちらの商品の説明をしますね。

こちらのお店ではデザイナーごとに特徴が全然違います。ぱっと見が好みでなくてもまずは試着をします。商品説明時に取り扱い方法や破損した場合の修理方法も確認します。

客

試着してもいいですか?

ジュエリーは置いてあるのと実際につけるのとでは印象が全く違うので、自分でも試着して着け心地や全身が映る鏡をみて確認します。

見た目だけでなく着け心地も確認します。ここでさらに店員に試着してもらいます。店員にも試着してもらうと客観的に見たらどういう感じになるのか?のイメージがわかります。

客

母がこのリングを着けているところをイメージしたいので手の空いている販売の人につけていただいてもいいですか?

試着と意見交換を繰り返して、じっくりと吟味して気に入ったリングが見つかったら母の写真のイメージと照らし合わせて最終的にどれにするかを決めます。

このときリングのサイズの確認をします。商品いよってはサイズ直しや作り直しがあります。支払いはカード・現金が対応可能です。

プレゼント包装もしてもらいます。メッセージカードを添えるとさらに喜ばれます。

母の日のジュエリープレゼントは手に華やかさを添えるリングがおススメ

母の日のジュエリーのプレゼントはリングがいいです。年齢を重ねてしわやシミができた手に華やかさを添えてくれるからです。

種類は細くてエレガントなもの、地金だけでできているイタリアンタイプ、ルビーがついているゴージャスなタイプ、透かしのはいったレース編みのタイプがおすすめです。

ジュエリーのセレクトショップに行くと各年代にあった品物を見つけることができます。この記事を母へのジュエリープレゼントの参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました